定期預金の引き出し

銀行に預金することのメリットとしては、安定した金利が得られる点が挙げられます。
しかし、この金利は現在景気が冷え込んでいることもあり、非常に低く設定されています。
普通預金の場合、全国にある銀行の金利を平均してみると、およそ0.02%になります。
単純計算すると100万円預金していたとしても発生する金利はたった2万円です。
また、不自由な定期預金を選んだとしても、金利は0.03%から0.08%程度と低くなっております。
これでは預金をするメリットも少ないというものです。


将来のために貯蓄したいという人は、少しでも高い金利を得られる定期預金を普通預金とは別口で利用したりもしますが、定期預金は原則として途中で引き出すことが不可能なため、いざという時には困ってしまいます。
いきなり大金が必要になるというケースは稀ではありますが誰にでも起こり得ることです。
そういった場合、定期預金口座にはお金があるのに引き出せない、と困ってしまうのです。


そんな場合には新たに融資を受けることになります。
一般的には家や土地などを担保にして融資を受ける不動産担保融資や、車などを担保にする動産担保融資のサービスを利用したり、無担保で融資を受けるキャッシングを利用したりすることが考えられます。
しかし、特にキャッシングなどは負担しなければならない金利も15%程度になる場合もありますので、あまりお勧めはできません。
お金を借りるならばやはり不動産担保融資や動産担保融資を受けるのがお勧めです。


当サイトでは定期預金担保貸付について紹介します。

Copyright © 2014 定期預金担保貸付ってなに? All Rights Reserved.